在宅ワーク

管理栄養士の在宅ワークなら「栄養計算・保健指導」がおすすめの理由

2021-11-01

管理栄養士の在宅ワークなら「栄養計算・保健指導」がおすすめの理由

こんな方におすすめ

  • 管理栄養士が在宅ワークでできる仕事が知りたい
  • 在宅ワークでできる栄養計算の仕事を探している

上記のような悩みをお持ちの管理栄養士の方に向けて、本記事では管理栄養士が在宅ワークをする場合、「栄養計算・保健指導の仕事がおすすめな理由」と「具体的な仕事の探し方」をお伝えできればと思います。

管理栄養士の方におすすめな栄養計算・保健指導以外の在宅ワークもご紹介しているのでチェックしてみてください。

在宅で食の仕事がしたい方向けの無料セミナー公開中!

クリエイティブスクールMiaでは、在宅で食に関する仕事ができるようになるまでの無料WEBセミナーを限定公開しています。

自分に向いている仕事の見つけ方やオンラインで仕事をするための基礎スキルなど無料のメール講座で説明しているのでぜひチェックしてみてください。

 

栄養計算・保健指導がおすすめの理由

在宅ワークとして働くことが可能

在宅ワークとして働くことが可能

病院や幼児施設など、相手の顔色や状態を観察しながら健康管理を行う必要がある場合は在宅ワークでの働き方は少し難しいかもしれません。

しかし、比較的健康な方が現在の健康を維持するための栄養計算・保健指導であれば、「食事やレシピの写真のやり取り」、「数値の報告や健康管理に関するアドバイス」、「指導を必要とする人の健康状態のチェック」などすべてオンラインで完結できます。

もし直接のコミュニケーションが必要な場合はビデオチャットツールでのコミュニケーションも活用しながら行うこともできます。

栄養計算は基本スキルで簡単

管理栄養士の資格をお持ちの方はご存じの通り、栄養計算は必須スキルの一つであり、管理栄養士の方ならできない人はいないと思います。

最近では簡単に計算できるソフトやアプリも豊富なので、ストレスなく、カンタンに仕事を進めることができるのもおすすめな理由の一つです。

アプリやソフトがあれば誰でもできますが、サポートを求める人はその分野の深い知見や権威を持つ方に行って欲しいものです。

その点、管理栄養士の資格を持つ方であればしっかりとサポートを求める人の要望に応えることができます。

栄養計算・保健指導の仕事の需要が高まっている

栄養計算・保健指導の仕事の需要が高まっている

高齢化や生活習慣病患者の増加によって栄養計算・保健指導の需要は日に日に高まっています。

さらに、在宅ワークの増加によって運動不足を感じ、しっかりと健康管理を行いたいという若者や中年層も増えているため、管理栄養士は個人にも求められる時代になっています。

そのため、栄養計算・保健指導の仕事は様々な求人サイトで常時募集されているため、仕事を探す労力を少なく済ませることができ、仕事を絶やすことなく受けることができます。

自分に合った働き方を選択できる

在宅ワークで働きたい皆さんの中には、社員やアルバイトのように雇用されるのではなく、副業などで業務委託の形式で働きたい方も多いのではないでしょうか。

栄養計算・保健指導の仕事は業務委託としての募集も多いので、ご自身に合った働き方を選択することが可能です。

もちろん、正社員・アルバイトの在宅ワークの募集も豊富なので、本業としての在宅ワークを探すことも十分にできます。

実際に稼げる収入例

実際に募集されている在宅ワークの案件を確認してみます。

募集例①-オンライン保健指導のサポート

仕事内容:写真で送られてくる食事の写真に指導コメントを付与したうえで対象者へ電話指導を行う

報酬:時給1,200円~1,500円

雇用形態:正社員、アルバイト

仕事の掲載元:Indeed

募集例②-レシピの栄養価計算

仕事内容:用意されたレシピの栄養価計算を行う

報酬:16,500円(25レシピ分)

雇用形態:業務委託

仕事の掲載元:クラウドワークス

募集例③-オンライン面談型保健指導

仕事内容:健診データを基に対象者とオンライン面談で保健指導を行い、報告書を作成する

報酬:面談1件(30分)につき1,700円

雇用形態:業務委託

仕事の掲載元:Indeed

正社員やアルバイトなど雇用されて働く場合、出勤を伴う場合と比較して在宅の場合は、少し給与水準が下がる可能性もありますが、在宅ワークのメリットを考えると許容範囲ではないでしょうか。

業務委託の場合は1件当たりの単価で設定されていることが多いので、効率よく作業をすることができれば本業以上に稼ぐことも十分に可能だと思います。

栄養計算・保健指導の在宅ワークの探し方

Indeedなどの求人サイトで検索する

栄養計算・保健指導の在宅ワークを探す場合は、Indeedや求人ボックス、スタンバイなどの求人サイトで探すのが最もおすすめです。

これらの求人サイトでは正社員、契約社員、パート・アルバイト、業務委託といったあらゆる雇用形態の求人が掲載されています。

そのため、検索機能をしっかりと使うことで、自分に合った働き方で簡単に探すことができます。

在宅ワークであれば全国どこでも働くことができるので地域の条件が少ない場合も多いです。

クラウドソーシングで探す

クラウドワークスランサーズクラウディアなどのクラウドソーシングサービスでも募集されているケースがあります。

ただし、案件数は少なめで、基本的に業務委託での仕事になるので少し探しづらいかもしれません。

副業として在宅ワークを検討している場合はクラウドソーシングサービスはおすすめなので、登録しておいて案件を定期的にチェックすると良いと思います。

常時募集している会社に登録する

菅理栄養士に仕事を大量に依頼したい会社は、いつでも仕事をお願いできるように常に登録窓口を設けている場合があります。

以下の会社では管理栄養士向けに在宅ワークでの募集登録窓口を設けています。

管理栄養士ができる他の在宅ワーク

コラム記事の執筆・監修

コラム記事の執筆・監修

ダイエットや料理、健康に関するWEBサイトやメディアのコラム記事などの執筆の仕事も在宅ワークで行うことができます。

これらをテーマとしたサイトは正確な情報が求められるので、管理栄養士に直接記事を書いてもらったり、監修してもらうことが非常に多いです。

記事の作成業務は基本的にパソコンで行うので、完全在宅ワークが可能になります。

レシピ・献立の作成

運動不足や生活習慣病の影響から、個人・法人問わず、食生活を改善するためのレシピ・献立作成の需要が増えています。

栄養計算の延長で行うことができるので、管理栄養士に人気の在宅ワークの一つです。

健康食品・サービスの企画

企業が健康食品や健康系のサービスを開発する際、管理栄養士の観点や視点が必要になります。

企画などのオフィスワークは在宅ワーク可が進んでいるので、会議や資料の共有などオンラインで行われます。

案件自体は少ないですが、企画業務はスキルアップにもつながるので探してみるのはいかがでしょうか。

他の在宅ワークも知りたい方へ

コチラの記事では15個の在宅ワークについて、始めやすさや稼げる収入例などを中心に比較・説明しています。
主婦の方向けの記事ですが、一般的な内容を多く記載しているので在宅ワークについて詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

在宅でできる仕事を主婦の方に向けて分かりやすく15個比較!
主婦が家で出来る仕事15選|資格が必要かどうかも解説!【2021年版】

続きを見る

まとめ

栄養計算・保健指導が管理栄養士の在宅ワークでおすすめな理由とその仕事の探し方を解説しました。

いかがでしたでしょうか。

管理栄養士が在宅ワークできる仕事はどんどん増えているので、この記事を読んで少しでも管理栄養士の方が在宅ワークできるようになると嬉しいです。

在宅で食の仕事がしたい方向けの無料セミナー公開中!

クリエイティブスクールMiaでは、在宅で食に関する仕事ができるようになるまでの無料WEBセミナーを限定公開しています。

自分に向いている仕事の見つけ方やオンラインで仕事をするための基礎スキルなど無料のメール講座で説明しているのでぜひチェックしてみてください。

 

-在宅ワーク

© 2022 Panda Weblog